メニュー

貧血について

貧血は、血液成分のうち赤血球が少なくなり、息切れや倦怠感などがおこる病気です。

自律神経の調節がうまくいかないときなどにも同様の症状が起こる場合があり、その場合は治療方法が異なり、診断には血液検査が必須です。

最も多いのが、鉄分が足りなくなることにより起こる貧血で、多くの場合は出血が原因です。

慢性的な出血では進行するまで症状として気づかない場合もあるので、変だなと思った時にはかなり進行していることもあります。

女性の場合は子宮筋腫や卵巣嚢腫など婦人科の病気が、男性の場合には胃がんや大腸がんなど消化器がんが原因となっている場合があるので、きちんと検査することが大切です。

その他に、ビタミンB12の欠乏(胃の手術後の人に多く見られます)や葉酸の欠乏(アルコールをたくさん飲む人に多く見られます)などによる貧血、

珍しいものとしては、血液が溶け壊れて貧血や、白血病や再生不良性貧血などのように血液を作る工場である骨髄に問題のある貧血などがあり、いずれにしても血液検査が大切です。

 

治療について

鉄分の慢性的な不足による貧血の場合、鉄剤投与による治療を行います。軽度の場合は食事からの摂取量を増やしてもらい対応することもあります。

同時に、上記のごとく重大な疾患が潜んでいる場合があるので、それに対する検索を進めます。

体内の鉄分は殆どが主に肝臓に貯蔵されているものであり、貧血が良くなったからといってすぐに服薬を中止すると、貯蔵鉄が十分に回復しておらず再燃することになるので、回復後も一定期間の内服継続が勧められます。もちろんこの食事からの鉄分摂取を増やす生活改善が大切です。

その他の原因の貧血については、原因に応じて治療法が異なりますので、正確な診断が重要です。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME